あなたの腎臓を守りたい。 佐々木内科医院
診療科目紹介内科腎臓内科医院紹介理念と方針院長紹介

私たちの治療法

どのような検査が受けられるのか

一般検尿、血液検査による腎機能検査(eGFRの評価)、腎臓・腹部超音波検査、心血管疾患スクリーニンのための心臓・頸動脈超音波検査、胸部・腹部X線検査等が可能。標準的な腎機能の検査は当日に判明させて治療を開始できる体制としています。詳しくは左のメニューの内科または腎臓内科のコーナーをご覧ください。

腎臓への治療に関するポリシー

慢性腎臓病(CKD)は成人人口の約20%、およそ2000万人が罹患しているとされています。糖尿病がなくても、高齢・高血圧・脂質異常症・高尿酸血症・肥満・メタボリックシンドローム・膠原病・過去の検診での尿異常(蛋白尿、血尿)や腎機能異常および腎形態異常・尿路結石・痛み止めのなどの常用・喫煙・耐糖能異常は危険因子であることがわかっています。これらのリスクファクターを発見し、コントロールすることにより末期腎不全・透析導入を防ぎます。

どのような病気に対してどのような治療を受けられるのか

慢性腎臓病に対して、上記の危険因子に対するカウンセリング、生活・食事指導、薬物療法を行います。特に、糖尿病・高血圧・脂質異常症に力を入れて行きます。

健康診断・検査の啓蒙

  • 一般的な健康診断書・健康証明書の作成が可能です。
  • 特定検診の予約を受け付けます。
  • 結核検診が可能です。
  • インフルエンザA・インフルエンザBの診断が可能です。