甲状腺低下症について

甲状腺機能低下は認知症のような症状もあると言われています。認知症と考える前に血液検査で甲状腺機能をチェックしましょう。

甲状腺機能低下症の症状

I 自覚症状
1. 寒さに敏感
2. 疲れかたいやすい、脱力感、無気力、思考力・記憶力の低下
3. 皮膚がカサカサする
4. 便秘
5. 筋肉のこわばり
6. 食欲不振
7. 体重増加
8. 毛髪が抜けやすい
II 身体所見
1. 甲状腺腫
かたい甲状腺腫のことが多い、蝕知しないこともある
2. 精神状態
精神鈍麻、動作緩慢、緩徐な話し方、言葉のもつれ、記憶・思考力の低下
3. 顔貌
口唇、舌が厚い(巨大舌)、脱毛、眉毛外側1/3の脱落、眼瞼浮腫(粘液水腫性顔貌)
4. 循環器系
徐脈、心音微弱、心膜液貯留、
5. 神経・筋肉系
腱反射弛緩相延長、こむら返り、筋力低下、ミオパチー、しびれ、聴力障害
6. 消化器系
消化運動低下、便秘、食欲低下
7. 皮膚・毛髪系
乾燥して冷たい皮膚、手掌黄染(カロチン沈着)、粗造で抜けやすい毛髪
8.生殖系
月経過多
9. 造血系
貧血(正球性)
  10.四肢
    圧痕を残さない浮腫(non-pitting edema)
  11.代謝系
    低体温、体重増加、発汗減少
  12.その他
    低温、嗄声


慢性甲状腺炎 関連疾患

a. 無痛性甲状腺炎(silent thyroiditis, painless thyroiditis)、分娩後甲状腺炎(post parutum thyroiditis)

慢性甲状腺炎において、なんらかの自己免疫機序により一過性の炎症が生じ、甲状腺濾胞が破壊されることがある。病態として亜急性甲状腺炎に似るが、甲状腺の痛みがないことから無痛性甲状腺炎とよばれる。他疾患の治療のためステロイドホルモン薬を服用してきた慢性甲状腺の患者が、ステロイドを減量、中止したときに生じることもある。無痛性甲状腺炎が分娩後1年以内に起こった場合は、分娩後甲状腺炎とよぶ。

 受診時、軽〜中等度の甲状腺中毒症状を呈することが多く、痛みを伴わない比較的硬い甲状腺を蝕知する。2週間〜2か月の甲状腺中毒期の後、短期間の甲状腺ホルモン正常期を経て、多くの症例では一時的に甲状腺機能低下となる。機能低下が数か月続いた後、甲状腺ホルモンは正常に復する。全経過は数か月から7−8か月となるが、まれに(5%以下)永続的な機能低下となる。約10%の症例で再発する。

 甲状腺中毒期には、甲状腺ホルモン高値、TSH低値、サイログロブリン高値を認める。T4が比較的高値で、T3はその割に増えないことが多く、T3をng/dl, T4をμg/dlで表したT3/T4比は20以下となる。バセドー病ではT3/T4比は20以上である。抗サイログロブリン抗体や抗ペルオキシダーゼ抗体は高頻度に認める。一般的に抗TSH受容体抗体は検出されない。甲状腺放射性ヨード摂取率は低値となる。甲状腺超音波検査は橋本病を反映して、全体に不均一な低エコーを呈することが多い。治療は対症療法のみでよく、甲状腺中毒症状が強い時期にβ遮断薬を使用する。ただし、永続的な機能低下症になれば、thyroxineの投与が必要となる。

 無痛性甲状腺炎とは別に、慢性甲状腺炎の急性増悪とよばれている病態がある。これは、臨床像、検査所見が亜急性甲状腺炎に似て、甲状腺腫は有痛性である。

b. 萎縮性甲状腺炎(atrophic thyroiditis)、特発性粘液水腫(idiopathic myxedema)
 甲状腺腫の触れない甲状腺機能低下症で、組織学的所見は橋本病とほぼ同様である。自己免疫性甲状腺疾患とされる。狭義の橋本病の終末像とも考えられるが、一部の症例では阻害型TSH受容体抗体が病因と密接に関連する。また、甲状腺細胞の増殖を阻害する甲状腺成長阻止抗体が関与するとの考えもある。本症ではBW35の頻度が高いと言われている。
2018/03/18(Sun) 22:37:45 | 医院からの耳寄り情報

Profile

image
院長
神戸市垂水区の佐々木内科医院では「あなたの腎臓を守りたい。地域のホームドクターへ」をモットーに腎臓専門医として地域のみな様の健康を守りたいと考えています。

New Entries

Categories

Archives(227)

Link

Search

Free