緩和ケア講習会より

消化器症状:吐気・嘔吐

メッセージ
・吐気・嘔吐には様々な原因がある
・吐気・嘔吐には原因に応じた適切な治療が大切である
・吐気・嘔吐には、病態に応じた薬物療法が大切である
・十分なケアとコミュニケーションは症状の緩和に重要である

病態生理
・化学受容体トリガーゾーン(CTZ)
・嘔吐中枢
・脳皮質
・前庭器
・消化管
・神経伝達物質:ドーパミン、ヒスタミン、アセチルコリン、セロトニン

吐気・嘔吐の主な原因
・大脳皮質:頭蓋内圧亢進、髄膜刺激、感情(不安・予期性嘔吐)
・前庭器:薬物(オピオイド)、頭蓋底への転移、頭位変換により誘発(車酔い)
・化学受容体薬物(抗ガン剤オピオイド):薬物(抗ガン剤オピオイド)、代謝(腎不全・肝不全・電解質異常)
・消化管:消化管ぜんどう低下、胃内容停滞、機械的消化管閉塞、粘膜異常(胃炎・NSAID)

治療
・最も関与していると思われる病態を同定し、病態に合わせた制嘔剤を選択する
・効果がなければ、1〜2日毎に副作用のない範囲で最大投与量まで少しずつ増量する

症状・病態と制吐薬の選択
・持続的な嘔気嘔吐、オピオイド血中濃度に合わせて増悪:ドパミン受容体拮抗薬
・動くと悪化する、めまいを伴う:前庭神経の刺激:抗ヒスタミン薬
・食後に増悪、便秘:消化管運動の低下:消化管運動亢進薬
・原因が複数、もしくは同定できない:複数の受容体:複数の受容体拮抗薬

STEP3
制吐薬の変更、他の機序の制吐薬・ステロイドの追加

制吐薬の副作用と対策
・眠気(不快な場合):制吐薬の減量・変更
・錐体外路症状:パーキンソン症候群やアカシジアなど、特にドーパミン受容体拮抗薬で注意が必要

効果判定
3-7日で効果判定

コミュニケーション・環境調整
・嘔気・嘔吐の原因・誘因になるものを除去:食事・香水

日常生活
・上半身を挙上した安楽な体位
・背中をさする
・冷案法
・食事の工夫:量や種類の工夫
・リラクセーション・気分転換

吐気・嘔吐のケアと説明
・口腔ケア:口腔内の観察、冷水・レモン水・氷片の準備
・便秘対策





10月1日〜2日 緩和ケア講習会に参加

精神症状「気持ちのつらさ」

メッセージ:気持ちのつらさは様々な悪影響をもたらす。
 1.患者の全般的QOLの低下と関連する
 2.「死にたい」という思いが強まり、最悪の場合自殺につながる。
 3.癌に対する治療意欲を奪う
 4.入院期間の長期化と関連

定義:
「気持ちのつらさ」とは
 1.幅広い概念であり、感情面における不快な体験全般を含む
 2.主たるものとして抑うつ。不安がある

症例
 1.気持ちの落ち込みが強く、ケアが必要な気持ちのつらさが存在すると判断した。
 2.開かれた質問をすると、今後の病状に対する懸念が明らかになった
 3.患者の気持ちを汲みつつ、主治医として最善の治療方針をともに考えていくことを保障した。
 4.気持ちの落ち込みを緩和するために、アルプラゾラムの内服を推奨、本人も希望したため、2錠分2より開始した。
 5.→3日後に「だいぶ気持ちが楽になった」との発現が聞かれた。

医療講習会参加 (三宮) 10月8日

心肺蘇生実技講習会参加

人工呼吸ができない場合、心臓マッサージを続ける。119番通報、AEDを大声で依頼する。疲れたら、交代で心臓マッサージを続ける。人工呼吸と心臓マッサージの比率は2:30で、これを5セットで2分間になるように続ける。

AEDは心静止cardiac standstillでは、通電の必要なしと判断するが、心臓マッサージは必要である。心臓マッサージを中止するのは、患者さんが目的のある動きをしたときのみである。

心臓マッサージを中断しないことが大切である。

Profile

image
院長
神戸市垂水区の佐々木内科医院では「あなたの腎臓を守りたい。地域のホームドクターへ」をモットーに腎臓専門医として地域のみな様の健康を守りたいと考えています。

New Entries

Categories

Archives(227)

Link

Search

Free