漢方医学について

東洋医学の歴史は、中国の医学の三大古典「黄帝内経」、「神農本草経」、「傷寒雑病論」に淵源をもつという。*1
*1「漢方医学を学ぶ人のために;日本東洋医学研究所編」

一書*2によれば、漢方医学とは経験を陰陽説という仮説をもって系統たてたものであるという。たとえば、吾人の五感に感じるものを相といい、動相と清相にわけている。これらは陰陽の消費・集合によって形成されるという。陰陽説にはいくつかの法則が提唱されている。
*2「漢方医学;細野 史朗 著;永末書店」

1. 陰陽説経脈論
2. 陰陽説寒熱論
3. 陰陽五行説五脈論
4. 陰陽五行説傷気論
5. 陰陽五行説五臓論

陰陽五行説とは、世界は木・火・土・金・水の5つの要素からなっているという仮説であって、これは人の指が5本あるからであるという。

たとえば陰陽五行説の相生相克法則;木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず。木は土を克(せめ)め、土は水を克め、水は火を克め、火は金を克め、金は木を克める。

そして人の臓器も、肝臓・筋は木に、心臓・血は火に、脾臓は土に、肺・皮膚は金に、腎臓・骨髄は水に属する。

また、病気(傷寒)の原因として、風、熱、湿、燥、寒が対応する。しかし、これらについては五行の相性相克法則と異なり、代わりに五気の勝が対応するという。燥は風に勝つ、寒は熱に勝つ、風は湿に勝つ、寒は熱に勝つ、燥は寒に勝つ。

薬性として、酸、苦、甘、辛、鹹が対応する。

例えば甘草は気味甘辛、無毒であり、無毒であるので過とならず、適となり、甘は脾臓(土)に属するので、脾・肉を補し、肺・皮毛を補す。辛は金に属するので、肺・皮毛を補し、腎・骨髄を補する。
また、桂枝は気味甘辛、大熱、大毒あり。したがって、過となり適とはならず、而して、味甘は相克法則により腎・骨髄を瀉し、味辛は肝・筋を瀉す。

以上は補瀉を陰陽五行説五臓論より説いたものであるという。

傷寒は天気の邪陰邪陽が表の経脈穴より侵襲して発するもので、天気の邪陰邪陽は先ず天気の陰陽輸送経路にしたがって表、半表半裏、裏と移行し、次いで地気の陰陽輸送経路にしたがって裏、半表半裏、裏と逆行する(陰陽
五行説経脈論)。その過程で、傷寒は太陽病、少陽病、陽明病、太陰病、少陰病、厥陰病という病位をとるという。

太陽病には中風と傷寒があり、湯証は区別されており、前者は桂枝湯、後者は葛根湯、麻黄湯、大青竜湯、小青竜湯となる。この両者の鑑別は汗出であり、前者は汗出あり、後者は無汗または不汗出の身証を示すという。現代医学では太陽病中風は感冒を、太陽病傷寒は重症の感冒、肺炎、腸チフスの初期に相当するという。

11月27日(土)漢方に関する勉強会に参加

感冒性下痢
水様性下痢、嘔吐下痢、二日酔い;五苓散
ガスが多く、ゴロゴロいうとき;半夏瀉心湯
頭痛、のぼせ;桂枝人参湯
発熱、下痢;柴苓湯
急性の下痢(水様);猪苓湯
食べ過ぎの下痢;平胃散、五苓散、胃苓湯

痛みに関して
肩関節周囲炎;葛根湯、桂枝加朮附湯、二朮湯
頸椎症;+めまい;釣藤散。頸椎症+しびれ;桂枝加朮附湯
冷え;附子末

腰痛症
冷えて痛む;五積散
腰から下が冷えて痛む;苓姜朮甘湯
高齢者腰痛;牛車腎気丸:冷えなければ;六味丸
打ち身;疏経活血湯
腰部脊柱管狭窄症;薏苡仁湯、足の冷えあれば;八味地黄丸
神経痛;下肢の痛み;坐骨神経痛;疏経活血湯、芍薬甘草湯+修治ブシ末
変形性膝関節症、リウマチ、腫脹・熱感;膝の痛み;防已黄耆湯(関節痛)+越婢加朮湯(リウマチ)。痛み強い;防已黄耆湯+ブシ末、防已黄耆湯(関節痛)+麻杏薏甘湯(筋肉痛)、寒証;防已黄耆湯+桂枝加朮附湯。打撲・ねんざ;受傷直後から;桂枝茯苓丸、慢性化;冶打撲一方。
浮腫;外傷後の腫れ;柴苓湯。両大腿の痛み;麻杏薏甘湯
交通事故後:頸椎捻挫;寒冷で悪化(温める漢方);当帰四逆加呉茱茰生姜湯、防已黄耆湯+麻杏薏甘湯=NSAIDの代わり。越婢加朮湯+レーザー=RAのPIPの痛みに効く。リンパ浮腫;柴苓湯、牛車腎気丸、人参養栄湯+コウジン末。便秘;桃核承気湯、精神症状強い;通導散、桃核承気湯。
骨粗鬆症の痛み;防已黄耆湯。
通年性風邪症候群;麻黄附子細辛湯。
片頭痛;苓甘姜味辛夏仁湯。冷えがあれば;呉茱茰湯。消化器症状あれば;桂枝人参湯。気圧変化による頭痛;五苓散。生理痛にも効く;川芎茶調散。
三叉神経痛;抑肝散、芍薬甘草湯。上半身の神経痛;桂枝加朮附湯+ブシ末、+芍薬甘草湯。

Profile

image
院長
神戸市垂水区の佐々木内科医院では「あなたの腎臓を守りたい。地域のホームドクターへ」をモットーに腎臓専門医として地域のみな様の健康を守りたいと考えています。

New Entries

Categories

Archives(227)

Link

Search

Free