第2回佐々木内科医院健康教室

明日、7月30日(木)午後1:00〜3:00、当院にて第2回佐々木内科医院健康教室を開催致します。「」食後高血糖の意義」についてのスライドプロジェクターを用いたお話の後、個別食事指導、蛋白調整食(げんたそば)の試食会を予定しております。どなたでもご参加可能です。皆様のご来院を心よりお待ち致しております。

HbA1cの高精度の測定

当院におきましては、開院以来、患者様の受診当日に血液検査結果が判明するよう、院内で血液生化学検査を積極的に施行してまいりました。今回、HbA1cの院内での検査をより高精度にできるHPLC装置が装備されました。これにより、これまで以上に、糖尿病患者様の診療に有益なデータをより短時間に提供可能となります。

当院は、本年7月1日付けで日本糖尿病協会に加盟致しました。今後とも糖尿病の患者様の治療に全力を挙げて取り組んでまいります。

糖尿病の患者様、ならびに糖尿病を心配しておられる皆様のご来院を心よりお待ち申し上げております。

当院は今後とも、地域の皆様のホームドクターとなるべく、努力してまいります。

禁煙治療(ニコチン依存症)のみみよりじょうほう、号外!!

禁煙治療(ニコチン依存症)の「みみよりじょうほう」がホームページにアップされました。トップページの「みみよりじょうほう」をクリックして頂くか、以下のアドレス(URL)をご参照下さい。http://www.sasakinaika.com/mimiyori/pub/kinen/kinen_poster.htm

ニコチン依存症の治療No.2

IMG_0010NicotineDependence2.jpg

ニコチン依存症の治療No.1

IMG_0009NicotineDependence1.jpg

日本内科学会生涯教育講演会に出席

   6月21日(日)上記に参加しました。内容は1.慢性腎臓病における最新知識 2.日常診療に用いられる薬剤による腎障害 3.気管支喘息 4.包括的呼吸リハビリテーション 5.高血圧の実践的治療戦略 6.超音波心臓診の現状と展望 7.骨髄不全の臨床ー骨髄異形性症候群MDSを中心にー 8.最近話題のウイルス感染症 9.セカンド・オピニオンとその周辺:などなど。

1.2. 腎臓病の最も重要な原因は糖尿病ですが、いろいろなお薬の副作用によって腎臓病になることがあります。この場合、副作用のあるお薬を中止して、腎臓の働きが回復するまで経過を見る必要があります。

3.気管支喘息には吸入ステロイドが非常に有効です。

4.呼吸不全に対する運動療法の有効性が示されています。

5.高血圧の降圧目標は若中年者で130/85,高齢者で140/90,腎障害・糖尿病・心筋梗塞では130/80,脳血管障害患者では140/90:病態によって各種降圧薬を使い分ける必要あり。

6.拡張期心不全は女性・高齢者に多く、高血圧・糖尿病を持つ事が多い:心臓超音波検査で診断。

7.骨髄異形性症候群(MDS)は貧血、好中球減少、血小板減少などがあり、赤血球(大赤血球・卵形赤血球など)、好中球の異形性(偽ベルゲル核異常・脱顆粒)、巨大血小板をみる場合。

8.インフルエンザウイルスは8つの分節からなるので、2種類のウイルスが同一細胞に感染すると理論上2の8乗個の亜型ウイルスが誕生し得る:このようにして鳥インフルエンザはブタの体内でヒトへの感染性を獲得してきた。今回の、ブタインフルエンザでもそうであろう。

9.セカンド・オピニオンとその周辺。

当院の肝機能検査について

当院は総合内科・腎臓内科ですが、簡単な肝機能検査の結果は受診日に30-40分くらいで判明します。また、腹部超音波検査が可能ですので、進行した肝臓疾患、肝硬変も診断することができます。

薬物で治療可能な肝臓疾患にはB型肝炎ウイルスによるB型肝炎、C型肝炎ウイルスによるC型肝炎があります。これらのB型肝炎、C型肝炎の有無については採血後、2-3日で判明します。このような肝炎の場合には、肝臓専門医が常勤している近隣の肝臓内科のある病院[明舞中央病院・西神戸医療センター・中央市民病院など]と病診連携により加療させて頂きます。

B型肝炎・C型肝炎は急性にも慢性にも発症し、全身倦怠感、食欲不振、褐色尿、黄疸などが生じることがあります。またA型ウイルスによるA型肝炎は慢性化はしませんが、急性肝炎として発症し、重症化することがあります。上記のような肝臓の症状が出た場合には、早めの受診をおすすめ致します。

肝臓病はこれら以外に、アルコールの飲み過ぎにともなうアルコール性脂肪肝・肝炎・肝硬変があります。男性で1日30-40g/日以上、女性で20g/日以上のアルコールを毎日10年以上続けていると発症することがあります。ビールなら350mlの缶ビール2本以上は危険かもしれません。ワインなら1/3〜1/2本(ビールの半量);200-400ml、焼酎・日本酒では100-200ml/日に相当します。その他、少ないですが自己免疫性肝臓病、遺伝性のものもあります。

Flower of June

Flowerofjune.jpg

Profile

image
院長
神戸市垂水区の佐々木内科医院では「あなたの腎臓を守りたい。地域のホームドクターへ」をモットーに腎臓専門医として地域のみな様の健康を守りたいと考えています。

New Entries

Categories

Archives(227)

Link

Search

Free